Magic mouse 軽量化で手首の負担を和らげる方法。

2012 02 29

Magic mouse使ってます??windowsでもワイヤレスマウスをお使いであれば、お役に立つかもしれません。

今は、クラブに行けば必ずMacbookを見ますが、プレイ中は、やっぱりマウス使ってる人はあまり見かけませんが、やっぱりマウスあると便利ですよね?たまに、マウスの方が使いにくいと聞くこともありますが。

で、Macbookを使う時のマウスといえば、Appleから出ているMagic Mouseです。 デザインも言うこと無しのとっても便利なマウスです、
個人的にはちょっと反応が良すぎて、イラっとすることがありますが。

ワイヤレスマウスを使用すると、マウス側に電池を入れる必要があります。なので、ケーブルで接続していたときより、重くなります。
ずっと使う人には結構重く感じると思います、手首が痛いってときがあるかと思います。

そこで、昔、下記の記事をみて
【PC Watch】 無接点充電器「The Magic Charger」を試す ~ Apple Magic Mouseを置くだけで充電
マウスを少しでも軽量化使用といろいろ調べて、軽量化を実現しておりました。
とりあえず、軽量化に必要なものは下記です。

  • 単四電池
  • eneloopy 「簡易バッテリーチェッカー」についてくる、エサ箱

まず、単三電池じゃなくて、一回り小さい単四電池を使用します、これだけだとマウスに合わないので、エネルーピーについてくる変換アダプターを使用します。

↓バッテリーの残量をチェックする道具です、犬の形をしていて可愛いです。骨とエサ箱がついてきます。(どちらも道具として使います)

そうすると、単四電池で問題なく動いてくれます、単三電池のエネループを使用しているときと重さはかなり違ってきます。

で、少し前にエネループのLiteが発売していたので、これにすると更に軽量化できるとおもい、早速購入して使用しました。

3gぐらいエネループライトの方がかるいみたいです。

最後に、結構電池の減りは早いのですが、単四電池にすることで更に電池の寿命は短くなりますのでご注意下さい。
単四電池4本買ってローテーションをお勧めします。


コメント

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメント

Other Post